子供が生まれた!知っているようで知らない!?姓名判断の基礎知識

同じ名前でも、姓名判断の結果は一つではない!?

子供の名前を考えることは、親にとって、頭を悩ます一大イベントですよね。最近では、キラキラネームと呼ばれる、個性的な名前が付いた子供も、増えてきているようですが、親が思うただひとつのことは、幸せになってほしい、それだけではないでしょうか。一度名付けると、子供が一生背負っていくことになるであろう名前。そんな重要な名前を考える時に、むかしから多くの人に参考にされてきた方法が姓名判断です。姓名判断とは、人の姓名と、その人の運を関連させて占う方法です。姓名の字画から、将来の運を推測するというのが一般的で主流となっていますが、実は、姓名判断の占い方にはいくつかの流派があります。字画だけを基に占う流派もあれば、生年月日なども利用する流派もあります。そして、実際に占ってみると、その流派によって多少結果が異なることもありますので、あくまで参考と考えておくと良いでしょう。

初めて姓名判断するという人のための基礎知識

日本で姓名判断を行う場合、さまざまな流派のうち、最も一般的に使用されているのが、字画により占う方法です。姓名を、5通りの方法を用いて計算し、5つの「格数」を出し、それを基に占う方法です。5つの格数とは、姓の文字の合計画数である「天格」、姓の最後の1文字と名の頭文字との2文字の合計画数である「人格」、名で使用している文字の合計画数である「地格」、姓名で使用している文字の総画数である「総格」、総格から人格を引いて計算した「外格」です。これらの格数と、姓と名の字数が異なる場合に使用する「仮成数」を用いて、姓名判断を行います。仮成数は、多いほうの文字数から少ないほうの文字数を引いて余った数です。この5つの格数は、一つ一つに、しっかりとした意味を持っています。たとえば、天格は祖先から引き継いだ運、すなわち、宿命を表したもの、人格はその人自身が持つ性格などの内面的な部分を表した運、地格とは他者が感じる内面的な部分を表しています。また、総格は、一番重要な格数ともいわれ、全ての運を表しています。自分なりに参考にする流派を一つだけ選び、その占い方法に倣って、占ってみるとよいでしょう。

なぜみんな利用するの?姓名判断のメリットとは

姓名判断が人気がある理由の一つが、候補の絞込みに便利な手段だからということでしょう。愛する子供に付ける名前というのは、誰しも、とても悩むものですよね。両親だけでも候補がたくさん挙がる上、おじいちゃんやおばあちゃんからも提案があったりすると、さらに、頭を悩ませてしまうことでしょう。そこで、どう悩んでも決めかねる候補の絞込みとして、姓名判断が利用されることがあるようです。また、実際には、姓名判断どおりに、全て人生がすすむということはありませんが、付ける名前を決定する上で、名前に込めたこどもへの愛情や想いを裏付ける何かがほしいという思いを持つ親の気持ちが理由となることもあるでしょう。もちろん、姓名判断に強い信頼を寄せて、参考にする方もいるかと思います。どちらにしても、子供の命名には、親の愛情が必ずあるもので、その気持ちさえあれば、名前に良いも悪いもありません。子供の幸せを願いながら、姓名判断による命名を楽しんでみてはいかがでしょうか。

姓名判断が最も利用されるのは、新生児が誕生した時です。赤ちゃんの将来の幸福のために利用する親が増えています。