工夫次第で高収入にもなれる移動販売について

移動販売とはどんなものか

移動販売とは主に軽トラックやトラックなどで食品を販売したり、軽食を販売する仕事の事です。店舗を借りる必要はなく、軽トラックやワゴン車を改造するだけで自分のお店とすることができるので手軽な開業方法です。売る場所は自分で決めることができ、客層などを絞り込むことで利益を大きくすることが可能です。移動販売は許可が必要ですがしっかりと販売に使う車両を整備しておけば特に問題はありません。扱う料理や軽食などは好きなものを扱えます。

移動販売のメリットとは

移動販売のメリットとは土地代や店舗代に固定資産税などがかからない点にあります。使う車両の税金は支払わなければなりませんが、店舗の固定資産税に比べれば微々たる物です。また初期投資も数百万円程度からはじめられるのもメリットであり、無理なく開業をするのに最適です。また移動販売では働く時間を自分で決められるので、短時間で集中的に稼ぎたい方でも適しています。移動販売にはこのように様々なメリットがあるのです。

移動販売を始める際に許可は

移動販売を始める際には許可が必要ですがそれぞれ届け出を出す場所があります。まずは保健所に食品を移動販売する旨を伝え許可をもらうようにしましょう。許可申請を出すと車両や調理設備などについて検査がありますのでこれをパスして許可をもらうことができます。また個人事業で始める方の場合には税務署に開業届を出すようにしましょう。開業届を出すことで税の申告の際にもスムーズになります。最初はまず保健所と税務署に届け出を出すのが良いでしょう。

移動販売車とは過疎化が進み買い物困難者の多い村や町などに、スーパーで買えるようなものを積み込み販売する車のことです。