早めの準備が大切!命名効果をアップさせよう

妊娠中の命名が常識に

赤ちゃんの命名は出産後では遅い、と言う命名経験者の方もいますよね。実際、妊娠中に9割の方が名前を考え始めているという調査結果もあるようです。同じ調査によると、妊娠6ヶ月から8ヶ月頃の、比較的余裕のある時期に検討し始める方が、全体の4割を占めています。現在は、エコー検査などで、出産前から性別が正確に分かっているケースが一般的なので、性別を限定して、具体的な名前を検討できる時期が早まっていることも要因でしょう。

愛情アップ?命名のメリット

赤ちゃんとの繋がりが深い母親に対し、出産後も父親としての実感が湧きにくいと言われている男性ですが、命名によって、赤ちゃんとの距離をぐっと縮める効果もあると言われています。父親とお腹の中の赤ちゃんとのコミュニケーションの機会を増やすためにも、愛情を込めて名付けた、その子だけの名前で呼んであげることは効果的ですよ。命名で、家族の一員として赤ちゃんを迎えるための準備を、夫婦で協力して進めてみてください。

流行に左右されない素敵な名前を

命名にも時代によって流行があります。読みだけではなく、漢字の選び方や組み合わせ方にも、変化を感じている方も多いのではないでしょうか。両親の想いを込めることができる命名ですが、子供たちは成長していきます。可愛い名前は赤ちゃんにはとても似合いますが、成人してから、高齢になってからも違和感のない名前であることも大切ですよね。流行に流されず、素敵な名前を付けてあげるために、命名について真剣に検討してみましょう。

対象が人間であっても会社や物であっても、ひとたび命名すればその名前は長く使い続けられます。後から改名することなど考えず、生涯使える名前を付けるべきです。